読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなん歌われたら抱きしめたくなる〜きのこ帝国"死がふたりをわかつまで"〜

ノリにノるバンド きのこ帝国

今最も自分の中で再生回数の多いバンドきのこ帝国
はじめはボーカル佐藤さんの声に惚れた。
そのあとに、ボーカル佐藤さんの容姿でさらに好きになった。
今は、ギターのあーちゃんもいいなあと思う。

知らない人も多分CMで彼らの曲を聞いたことがあるはず。
"明日にはすべてが終わるとして"なんかは
earth music&echologyのCMで使われていた。
はじめはCM中の宮崎あおいさんが好きすぎたことからリピートしてた。

www.youtube.com

2007年にバンドが結成され2015年にメジャーデビューを果たしたきのこ帝国は
現在では映画「湯を沸かすほどの熱い愛」のテーマソングを任されている。
どうでもいいけどこの映画めちゃ見たかった。。

 

表情七変化

きのこ帝国を好きになったきっかけは"東京"という名盤に出会ったことにあった。
なぜこんなにも「東京」という曲には名曲が多いのか。
それから他の曲も聴いてみたら、昔はけっこう激しいしテーマが重い。
"春と修羅"なんか出だしが「あいつをどうやって殺してやろうか」だもの。
ところが"怪獣の腕の中"というポップなタイトルの曲なんかも歌ったり、最近では恋愛をテーマにした綺麗な曲なんかも多く歌っててきく人を飽きさせない。
耳に残って好きになっちゃうの。

www.youtube.com

www.youtube.com


幸せな情景なのに泣いてしまう"死がふたりをわかつまで"
タイトルに違わない。えげつなく綺麗で儚い曲"死がふたりをわかつまで"。
PVがまだなくて残念な気もするけれど、この曲には必要無い気もする。
曲を聴いていると思わず想像してしまう。

きっと各々の想い人や風景・物語を想像することで感動が加速する。

音源がないのが残念なのだが。。

以下歌詞全文

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

きみと日のあたる庭で そっと息絶えたいのです

きみに誓えることなんてないけど そばに居てください

 

青い季節は いつの間にか 過ぎ去っていた

並木道の向こう きみが振り返る

触れても なくならない光

きみと日のあたる庭で 花を育てたいのです

枯れてしまわないように毎日 水をあげましょう

 

ひどい言葉で 傷つけた夜もあったのに

痛み事抱いて 君は凛と立つ

 

小さな声で僕にだけ歌って

 

きみの夢がかなうのをそっと 見届けたいのです

ふたり支え合いながら明日も 共に生きてゆこう

 

雨にさらされた 蕾も 咲く日が来る

 

きみと日のあたる庭で花を育てたいのです

枯れてしまわないように毎日 水をあげましょう

 

きみと日のあたる庭でそっと 息絶えたいのです

きみに誓えることなんてないけど そばに そばに居てください

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

個人的には2番のサビ歌詞が至高だ。

「そっと 見届けたいのです」というワードでとてつもなく切ない感情を抱く。

俺の場合なぜか、先が短いお嫁さんが頭の中に登場してこみ上げる。

(嫁どころか彼女すらいないのだが)

そのあとの「明日も共に生きてゆこう」も心配させまいと強がってるように聞こえて

聴きながら涙が溢れそうになる。

 

解釈はどうあれこう言いたい。

こんな優しい歌声で歌われたら抱きしめる!!!

こんなことを言ってくれる嫁が欲しい!!!

絶対綺麗な庭つきの家建てて花を育てたい!!!

てか絶対佐藤さん恋してるよね!?

 

みんなはどう感じる??
そんな会話をしてみたいのです♪

f:id:nikkinotoki:20170122000818j:plain

 

佐藤さん。きのこ帝国。ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PVにやられた!なんか好きだ〜ゆゆん"牛乳"〜

素朴でかわいいガールズバンド ゆゆん

今回の投稿にあたりちょろっと調べて残念なことがわかった。

ゆゆんは現在活動休止中らしい。何も知らん身としては率直にちょっと残念。
このバンドを知ったきっかけはyoutube
関連動画に出てたからなんとなくポチった。
それがゆゆんの"牛乳"との出会い。

以下歌詞全文

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

机に伏せて 居眠りたぬき寝入り

午後が始まる チャイムをずっと待ってた

お昼のボールは高く飛ぶ

犯人探し 誰も一緒に探してくれない

 

牛乳かぶって 君はもう真っ白だ 赤ん坊のように真っ白さ

空も花もあいつも 朝も昼も夜も さあ

 

メガネのセンセイ いつも正しい 知らんぷり

新品うわばき かかとを踏んでわざと汚した

お昼の廊下は 女子の悪口

転校したあの子 次の日にはみんな忘れた

 

丸い丸い教室で キャップは飛んだ

角の私へ キャップは飛んだ

 

牛乳かぶって 君はもう一人だ

これからずっと一人さ

いつも通りさ 空も花もあいつも 朝も昼も夜も 

敵も味方もないのだ 私が君を見てる さあ

https://www.youtube.com/watch?v=opjyrSCWui4

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

こうしてじっくり歌詞を眺めると

いじめの歌のように見える。てか多分そうなんだろう。

だけれども自分は小学校の頃の情景がゆったりと流れていく印象だった。
曲の雰囲気はふわふわしていて心地よい感じがする。そこが好き。
まあ、正直そんなことはどうでもいいw

 

この曲はとにかくyou tubeでPVを見て楽しむのがいい。
PVが痛快で曲をよりたててくれる。

最後のサビを見た後には、なぜだろう。なんとも言えない爽快感を感じる。
できればもっと新譜が聞きたかったけど、いつかまた出会えることを期待しよう。
ありがとう。ゆゆん。


牛乳飲みたw

 

 

 

いまさらながら〜銀杏BOYZ-"駆け抜けて性春"が神譜だった〜

俺と銀杏

「銀杏」の愛称で知られる音楽バンド 銀杏BOYZ

GOING STEADY(ゴイステ)を前身とする彼らの有名な曲には

"東京" "青春時代" "援助交際" "あいどんわなだい"なんかがある。

友人のウォークマンに入っていた彼らの曲を高校時代に聴いて以来

どっぷりはまってしまったバンド。

僕はロックバンドの曲を多く聞くがどちらかというと

バラード曲を好きになることが多い。

親父の好きだった70~80年代の
フォークソングのアルバムを聴きまくったからだろうか。

 

しかしながら銀杏BOYZの音楽はかなり激しい。いろんな意味で。

"あの子は綾波レイが好き"なんかは個人的には好きだけど
それでもだいぶぶっ飛んでいると思うw

 

銀杏を知らない人や初めて聴く人はボーカル峯田の悶えるかのように叫ぶ声を聞いただけで拒絶反応を起こすかもしれない。でもぜひ聴いてほしい。

きっと甘酸っぱい青春の1ページを思い返してしまうだろう。

 

f:id:nikkinotoki:20170120071702j:plain

 

神譜"駆け抜けて性春"

銀杏は、はまったもののほとんど決まった曲しか聴かなかった。
ところがなんとなく最近銀杏を聴きたくなって、聞いたことがなかった曲にも手を出してみて出会ってしまった。神譜"駆け抜けて性春"

以下全文

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

終わることのない恋の歌で すべて消えて失くなれ すべて消えて失くなれ

烈しく燃える恋の歌で 夜よ明けないでくれ 夜よ明けないでくれ

 

生まれて初めての唇づけは 永久西の空を永久西の空を

恥ずかしいくらいに 真黄色に染めた真黄色に染めた

 

あなたがこの世界に 一緒に生きてくれるのなら

死んでもかまわない あなたのあなたのために

 

星降る青い夜さ どうか どうか 声を聞かせて

この街をとびだそうか つよく つよく 抱きしめたい

 

わたしはまぼろしなの あなたの夢の中にいるの

触れれば消えてしまうの それでもわたしを抱きしめてほしいの

つよく つよく つよく つよく つよく

あなたがこの世界に 一緒に生きてくれるのなら

死んでもかまわない あなたの あなたのために

 

あなたがこの世界に 一緒に生きてくれるのなら

月まで届くような 翼で飛んでゆけるのでしょう

https://www.youtube.com/watch?v=PAKzEi3WVpY

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからは完全な主観......


スタートから銀杏らしいシャウトが炸裂!!!

テンションが一気に上がる!!


終わることのない恋の歌で♪
そんなものを純粋に信じていたんだよな

生まれてはじめての唇づけは〜♪

夕焼けをイメージ。手をつなぐこともできなかった頃。
夕方一緒に話ししながら帰るだけでもなんか照れた。

ここまで甘酸っぱくなれねえよ!

そしてサビ
あなたがこの世界に〜♪
過去になったからこそ言える。そんなことを本気で思えてた気がする。

つよく つよく 抱きしめたい♪
言わずもがな!!!!戻れたならそうするさ!!!!

そして俺の中でのこの曲の最高の瞬間!一変し突如として現れるYUKIの優しい歌声。

わたしはまぼろしなの あなたの夢の中にいるの

触れれば消えてしまうの それでもわたしを抱きしめてほしいの♪

それまで声を枯らして叫んでいたのに
一気に切なくなって込み上げてくる。。

あー。。全部夢だったのかよ。。。

 

そして再び峯田の力強い歌声

あなたがこの世界に一緒に生きてくれるのなら

死んでもかまわない あなたのあなたのために
あなたがこの世界に 一緒に生きてくれるのなら

 

月まで届くような 翼で飛んで行けるのでしょう♪

 

f:id:nikkinotoki:20170120071616j:plain

でもいつまでもこんな恋心を忘れたくない。と思わせてくれる。

銀杏BOYZ 峯田さん YUKIさん

ありがとう。